ブログ

屋根工事が必要かの判断方法

先日も、屋根工事チェックリストを作ってアップしましたが、

ブログに乗せたほうがわかりやすいと思い再度書いてみます。

 

屋根工事と聞くとほとんどの方は、必要ないと思っている方が多いと思いますが、

実は、和瓦、洋瓦を使っているお宅でしたたら、定期的なお手入れが必要になってきます。

瓦自体の耐久性は30年?50年以上と言われており、一度瓦を葺いてしまえば、一生ものと言っても過言ではないのですが、

瓦自体ではなく、他の部分でお手入れが必要となります。

このような、瓦を使っているお宅は、お手入れの必要があるかもしれません。

和瓦のお宅なら、冠瓦やのし瓦がズレていないか?漆喰が剥がれたり変色していないか?

鬼瓦がズレていないか?をチェックしてみるのが一般の方でも簡単だと思います。

鬼瓦は、どこの部分か、わかる方も多いかと思いますが、冠瓦は棟の一番上の半円状の瓦のことです。

その下の、平らな瓦を、のし瓦と言います。

(例)上の写真は、鬼瓦がズレて、漆喰が剥がれている。のし瓦も若干下がっている。

 

(例)漆喰が剥がれ、のし瓦が飛び出している。

(例)緊結線が切れ、のし瓦が崩れ鬼瓦や冠瓦がズレている。

この写真くらいになると、ちょっと厄介で、棟自体を積みなおす必要がある場合も出てきます。

 

続いて、平瓦の部分は割れていないか?ズレていないか?がポイントになります。

(例)袖瓦が割れている。平瓦がズレて隙間が開いている。

(例)全体にズレている。

他には、谷があるお宅の場合は、谷部分にも注目してみましょう。

谷部分に、錆が発生しています。

錆が進行すると、谷の板金に穴をあけてしまい、雨漏りの原因になる場合があります。

 

今回は、わかりやすいように、和瓦のお宅を例に載せていますが、洋瓦のお宅も見るポイントは一緒です。

もし、このような症状が出ているようなら、一度早めに専門家にご相談ください。

早期発見の場合は、それほど大きな費用を掛けなくても、治すことが可能です。

雨漏りしている場合だと、野地板と言われる屋根の下地が痛んでいる場合があります。

この場合は、下地も交換しなくてはいけなくなり、場合によっては葺き替えた方が良い場合もあります。

また、雨漏りするのも、困りものですが、一番の心配は、瓦が落下してしまう危険性です。

万が一、瓦が落下した場合、瓦一枚の重さが2?3kgありますので、人がいたり、車があったら、

結構な大事になってしまいます。

そうならない、為にも早期発見し、治しておいた方が安心だと思います。

 

TEL:054-257-7635 FAX:054-257-7636 メールでのお問い合せはこちら