ブログ

漆喰 ラバー工法 静岡 藤枝市 A様邸

屋根の漆喰とラバー工法による棟止めを施工させて頂きました。

棟止めとは、棟の要所をラバー工法で接着し、万が一棟を固定している銅線が切れても棟が崩れるのを防ぐ工事です。

施工前

 

施工後

 

棟止めの写真

棟は屋根の一番高い部分に設置されています。

画像を見て頂くとわかりますが、棟の一番上の冠瓦を銅線でしめて固定しています。

この銅線が切れてしまうと、棟を固定している物がなくなり、棟が崩れる原因となります。

それを防ぐために棟をラバーを使用し固定する工法が棟止めと呼ばれる工法です。

TEL:054-257-7635 FAX:054-257-7636 メールでのお問い合せはこちら